今日の多忙なビジネススパーソンには、短時間でスライドや資料を準備し、効果的に発表する技法を身につけるつけることが不可欠です。そうしたニーズに応じて、ビジネスプレゼンテーションの基本が学べます。

特徴

標準的なプレゼンテーションの技法とMicrosoftパワーポイントの機能を融合し、全体の50%の時間を実習にあて、受講者参加型のコースです。

背景

どうすれば、
…『自分の持ち味を活かしながら、プレゼンテーションできるのだろうか?』
…『人前で話すときに不安をコントロールできるのだろうか?』
…『効果的でプロフェッショナルなスライド、資料を作れるのだろうか?』
…『聴衆からの質問をうまくさばけるのだろうか?』
ビジネスパーソンのこうした懸念を消し去るコースです。

目標

  • 自分の持ち味・個性を活かしながら、自信を持ってプレゼンテーションする方法を学ぶ。
  • 伝えたいポイントを短時間でまとめ、わかりやすく簡潔に組み立てる方法を学ぶ。
  • スライド・デザインの基本をもとに、力強いスライドの作成の方法を学ぶ。
  • 限られた時間内にコンピュータを駆使し、効果的にプレゼンテーションをする方法を学ぶ。
①個性

緊張の火山 メッセージが伝えるもの

  • 言語と非言語

話し方

  • 声の出し方

ボディ・ランゲージ

  • 自身
  • ジェスチャー:行動と感情は一致する
  • ジェスチャー:3つの目的
  • ジェスチャー:3つの種類
  • ジェスチャー:禁じ手

視線

  • 満遍なく?
  • 視線:3つのルール
  • 1対1
  • ジグザグ

緊張をやわらげる

②計画

デジタル・プレゼンテーションとは何か?

  • パワーポイントの紹介
  • ソフトウエアで計画する
  • ソフトウエアでデザインする
  • ソフトウエアで発表する

ソフトウエアで計画する

  • 序論・本論・結論
  • ピラミッドで組み立てる
  • 3つのポイントのマジック

事例

  • レイアウト機能を使う
  • スライド一覧機能を使う

実習

  • 内容、視覚物、配布物の用意

力強く切り出す

③デザイン

視覚物の作り方

  • 五感に訴える

デザインの基本

  • 視覚に訴える3つのもの

色の使い方

  • 寒色と暖色
  • テキストと背景

動画とアニメーション

  • 画面切り替えとイメージ
  • 相互のやりとり
  • 特別の効果

スライドのデザイン

  • テキストを作る
  • イメージを入れる
  • クリップアートと写真を入れる
  • イメージのもと
  • 数学とデータ
④発表

発表の基本

  • 液晶プロジェクターを使う
  • パソコンを使う

デジタルで発表

  • 人と技術
  • ブラック・アウトを使う
  • トピックの移行時に
  • ハイテクの心配事
  • リモートマウスを使う

視覚物の使い方

  • ポイント・ルック・トーク
  • 視覚物の説明
  • グラフの説明

質問をさばく

  • ノートPCでのプレゼンテーション
  • 位置
  • 示し方

進め方

このコースは「個性」「計画」「デザイン」「発表」の4部構成です。
各分野について、まず、インストラクターから具体例をまじえた説明があります。続いて、個人実習、グループ実習を行い、フィードバックを受けます。

インストラクター

プラネット(株)認定インストラクー。

ご参加いただきたい方々

営業、人事、IT、企画、マーケティング、教育部門、秘書、各部門のマネージャー、人前で話をする機会のある方

1日でわかるビジネスプレゼンテーション(日経新聞社主催)

日程は別途ご確認ください。

詳細 ビジネス・プレゼンテーションの基本と、効果の上がるデジタル機器の使い方を学ぶ。
費用 47,520円
Status セミナータイトル 講師 お申し込み


募集中

1日でわかるビジネス・プレゼンテーション 村松 お申し込み

オンライン講座

このコースのエッセンスは、日経ビジネススクールオンライン講座(日本経済新聞社主催)で受講することもできます。